コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建部綾足 たけべあやたり

8件 の用語解説(建部綾足の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建部綾足
たけべあやたり

[生]享保4(1719).江戸
[没]安永3(1774).3.18. 熊谷
江戸時代中期の文人。本姓,喜多村。俳号,涼袋,凌岱 (りょうたい) 。画号,寒葉斎。弘前藩家老津軽政方の次男。山鹿素行の曾孫。兄嫁との不倫の恋により故郷を出奔,上洛。志田野坡 (やば) に入門,俳諧を学び,のち彭城百川 (さかきひゃくせん) に南画を学んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たけべ‐あやたり【建部綾足】

[1719~1774]江戸中期の読本(よみほん)作者・俳人・国学者・画家。津軽弘前の人。本名、喜多村久域(きたむらひさむら)。俳号、涼袋。画号、寒葉斎。賀茂真淵の門人。江戸で俳諧を業としたが、のち和歌に転じた。晩年は読本の作者となり、また文人画をよくした。読本「本朝水滸伝(すいこでん)」「西山物語」、画集「寒葉斎画譜」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

建部綾足【たけべあやたり】

江戸中期の俳人,歌人,国学者,読本(よみほん)作者。弘前藩家老の子。20歳で出奔,上洛し,志田野坡に俳諧(はいかい)を学び涼袋と号した。南画でも一家をなし,寒葉斎の画号がある。
→関連項目擬古物語都賀庭鐘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建部綾足 たけべ-あやたり

1719-1774 江戸時代中期の国学者,俳人,画家。
享保(きょうほう)4年生まれ。20歳のとき郷里の陸奥(むつ)弘前(青森県)を出奔(しゅっぽん),ほとんど全国を遊歴。はじめ伊勢(いせ)派の俳諧(はいかい)宗匠として活動,また長崎で絵画をまなび寒葉斎の画号で一家をなす。宝暦13年賀茂真淵(かもの-まぶち)に入門,俳諧をすてて19音の片歌説をとなえ,片歌道守の称号をえる。晩年「西山物語」「本朝水滸伝」などの読み本をあらわした。安永3年3月18日死去。56歳。本姓は喜多村。名は久域(ひさむら)。俳号は涼袋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

建部綾足

没年:安永3.3.18(1774.4.28)
生年:享保4(1719)
江戸中期の俳人,国学者,画家。俳号は葛鼠,都因,涼袋。綾足は片歌を唱え始めてからの号である。津軽藩(青森県)家老津軽政方の次男として生まれる。母は兵学者大道寺友山の娘。20歳のとき兄嫁と密通して弘前を出奔したといわれているが,綾足自身は幼いころに家出をして,29歳のときに二十余年ぶりに母と再会したと書いており,従来の定説には問題がある。21歳から行脚生活に入り,延享4(1747)年,29歳のときに浅草に吸露庵を営み俳諧師として立つ。その後2度にわたって長崎行脚を実行して画技を身につけ,画家としても世に知られる。この間に中津藩奥平家に召し抱えられているが,これは母の尽力によるものであろう。宝暦13(1763)年,45歳のときに国学に傾倒し,俳諧を廃して片歌を唱導する。晩年には万葉風の歌を詠み,『本朝水滸伝』などの雅文体の読本を執筆した。彼の活躍は多岐にわたっているが,いずれも二流どころにとどまっている。多才で極めて頭のよい人物であったことは確実だが,それだけにひとつの事にじっくり打ち込む根気に欠けていたといえよう。一時彼が師と仰いだ賀茂真淵から,信用のおけない「虚談のみ」の人物とみられているように,彼の行動には山師的なうさん臭さが付きまとうが,吸露庵を結んで俳諧師として立つまでの前半生の行動には,そうしたうさん臭さはない。社会的名士となり,花山院常雅から片歌道主の称号を得るような境遇が彼の性格を変えたのである。<参考文献>本多夏彦『涼袋伝の新研究』,松尾勝郎『建部綾足研究序説』

(田中善信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たけべあやたり【建部綾足】

1719‐74(享保4‐安永3)
江戸中期の俳人,国学者,小説家,画家。俳号に葛鼠(かつそ),都因(といん),凉帒,凉袋,吸露庵など。画号は建凌岱,孟喬(うきよう),寒葉斎など。片歌(かたうた)や小説では綾足,綾太理と号した。本名を喜多村金吾久域(ひさむら)といい,弘前藩家老の次男として生まれたが,20歳のとき兄嫁との恋が原因で藩を出奔し,武士身分を捨てた。はじめ俳諧を志し,大坂の志田野坡につき,後には彭城百川(さかきひやくせん),和田希因中森梅路らに師事した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たけべあやたり【建部綾足】

1719~1774) 江戸中期の国学者・読本作者・俳人・文人画家。俳号は涼袋・都因、画号は寒葉斎など。弘前の人。賀茂真淵に師事し、片歌かたうたを唱導する。読本の先駆的作品「本朝水滸伝」「西山物語」を著す。俳諧は伊勢派の平明調を重んじた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建部綾足
たけべあやたり
(1719―1774)

江戸中期の俳人、国学者、読本(よみほん)作者、画家。片歌(かたうた)の唱道によって知られている。本名喜多村金吾久域(ひさむら)。のち建部姓を名のった。俳号葛鼠(かつそ)、都因(といん)、凉袋(りょうたい)。画号寒葉斎(かんようさい)。弘前(ひろさき)藩の家老職を勤める名家の次男として出生。祖母は山鹿素行(やまがそこう)の女(むすめ)鶴女。20歳のとき嫂(あによめ)との不倫の恋によって弘前を出奔、以後全国を放浪する数奇な生涯を送った。初め志田野坡(しだやば)につき、彭城百川(さかきひゃくせん)、和田希因(きいん)らと交流したあと、江戸浅草に庵(いおり)を結んで宗匠として自立、清新で平明な句風によって大いに迎えられた。多芸多才、覇気の人で、長崎で費漢源(ひかんげん)に山水画を学び、画人としても一家をなした。俳諧(はいかい)の固定した形式に飽き足らず、賀茂真淵(かもまぶち)の影響もあって、45歳のとき、5・7・7の三句からなる古詩体(片歌)を復活、唱道に努めたが、反論をよび普及するに至らなかった。49歳の年に上洛(じょうらく)、国学を講ずるかたわら、巷間(こうかん)の悲恋事件を擬古文に写した『西山(にしやま)物語』(1768刊)や、恵美押勝(えみのおしかつ)の乱に材をとって『水滸伝(すいこでん)』を翻案した『本朝水滸伝』(前編のみ1773刊)を著し、安永(あんえい)3年3月18日江戸で没している。56歳。『西山物語』は文人雅文小説を代表する佳作とされており、また『本朝水滸伝』は『水滸伝』翻案の嚆矢(こうし)となった作品であり、読本の長編形式を開いた本格的な章回体の小説として、意義を認められている。片歌関係の書に『片歌道(みち)のはじめ』など多くの書があり、画集に『寒葉斎画譜』がある。[中村博保]
『高田衛校注・訳『日本古典文学全集48 西山物語他』(1973・小学館) ▽前田利治編『建部綾足年譜』(1963・綾足会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の建部綾足の言及

【水滸伝物】より

…この漢学系統の享受とは別に,大陸渡来の漢文体を日本の古典語に接合しようとする動きもあった。1773年(安永2)には,後年曲亭馬琴が《近世物之本江戸作者部類》で,〈其おもむき水滸伝を模擬したれども,水滸の古轍を踏ずして,別に一趣向を建たるは,当時の作者の及ばざる所也,実に今のよみ本の嚆矢也〉と高く評価した,建部綾足の読本《本朝水滸伝》の前編が刊行されている。伊吹山を梁山伯,恵美押勝を宋江,道鏡を高俅に擬して,奈良朝末の朝廷をめぐる陰謀反乱を描いたもので,未完に終わったが,後編付載の目録によれば,100回本《水滸伝》にならい100条まで書きつぐ予定であったらしい。…

【西山物語】より

…読本。建部綾足作。1768年(明和5)刊。…

【本朝水滸伝】より

…別名《芳野物語》。建部綾足作。1773年(安永2)前編10巻刊。…

※「建部綾足」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建部綾足の関連キーワード羅城廬元坊舎羅建部凌岱名倉安興林信春陸雲子岱久蕪村樗雲貞佐(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone