コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅間山噴火 あさまやまふんか

1件 の用語解説(浅間山噴火の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

あさまやまふんか【浅間山噴火】

浅間山の噴火活動。1783年(天明3)7月の浅間山の大噴火(浅間山天明噴火)では、北関東全域に火山灰が降り、火砕流によって多くの集落が破壊・埋没、死者千人以上。この噴火で鬼押し出しの奇観が生じ、また火山灰による日射量の減少は天明の冷害(天明の飢饉)の一因を成したといわれる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

浅間山噴火の関連キーワード天明の飢饉桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和ボリーバル鎌原村遺跡児童文学森田勘弥浅間山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅間山噴火の関連情報