翠嶺(読み)スイレイ

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐れい【翠嶺】

〘名〙 みどりの峰。翠峰。
※新撰万葉(893‐913)上「翠嶺松声似雅琴、秋風叩処聴微音」 〔唐太宗‐秋日翠微宮詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android