翠巒(読み)スイラン

  • ×翠×巒

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 みどりの山。みどり色に見える連山。青々とした峰。
※翰林五鳳集(1623)四六・画図〈天隠〉「金碧楼台映翠巒、諸賓賞月不寒」
※城(1965)〈水上勉〉二「透明な山気をただよわせる翠巒(スイラン)の谷間から」 〔江淹‐思北帰賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android