コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翻然 ホンゼン

デジタル大辞泉の解説

ほん‐ぜん【翻然】

[ト・タル][文][形動タリ]
ひるがえるさま。また、ひるがえすさま。「翻然として話を転じる」
急に心を改めるさま。「翻然として悟る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんぜん【翻然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
旗などがひるがえるさま。 「 -としてはためく校旗」
突然心を改めるさま。 「死に直面して-と悟る」 「其夜から-と心をあらため、今は立派な菓子屋となつて/思出の記 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

翻然の関連キーワード品・奔・本・翻・飜哀れなハインリヒ大三輪長兵衛双水執流心機一転舎利弗ビュデ瞼の母トタル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android