コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老いの春 オイノハル

2件 の用語解説(老いの春の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おい‐の‐はる【老いの春】

晩春と人の老齢とを掛けていう語。
「花鳥になほあくがるる心かな―とも身をば思はで」〈風雅・雑上〉
老いて迎える新春。 新年》
「それも応(おう)是(これ)もおうなり―/涼菟」〈一幅半〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おいのはる【老いの春】

年老いて迎えた春。 「いつまでか雲井の桜かざしけむ折り忘れたる-かな/続拾遺 雑春
年老いて新春を迎えるのを祝っていう語。 「ほうらいの山まつりせむ-/蕪村句集」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone