老いの春(読み)オイノハル

デジタル大辞泉の解説

おい‐の‐はる【老いの春】

晩春と人の老齢とを掛けていう語。
「花鳥になほあくがるる心かな―とも身をば思はで」〈風雅・雑上〉
老いて迎える新春。 新年》
「それも応(おう)是(これ)もおうなり―/涼菟」〈一幅半〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おいのはる【老いの春】

年老いて迎えた春。 「いつまでか雲井の桜かざしけむ折り忘れたる-かな/続拾遺 雑春
年老いて新春を迎えるのを祝っていう語。 「ほうらいの山まつりせむ-/蕪村句集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android