岩田涼菟(読み)イワタリョウト

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩田涼菟 いわた-りょうと

1659-1717 江戸時代前期-中期の俳人。
万治(まんじ)2年生まれ。伊勢神宮の神職で,晩年の芭蕉(ばしょう)の門人。元禄(げんろく)12年江戸で榎本其角(きかく)の序文をえて「皮籠摺(かわごずれ)」を刊行。神風館第3代として伊勢派を興隆にみちびく。弟子に中川乙由(おつゆう)。享保(きょうほう)2年4月28日死去。59歳。本姓は秦。名は正致。通称は権七郎。別号に団友斎。編著に「山中集」。
【格言など】合点ぢやその暁のほととぎす(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岩田涼菟

没年:享保2.4.28(1717.6.7)
生年:万治2(1659)
江戸前期の俳人。伊勢の人で伊勢神宮の下級神職。本姓は秦氏だが岩田氏を称す。元禄7(1694)年ごろ各務支考を知り,以後親しく交わった。松尾芭蕉の最晩年の門人と考えられているが,両者の直接的な交渉を示す記録はない。物にこだわらない鷹揚な性格で,「凩の一日吹いて居りにけり」のような平明な作風を特色とした。伊勢の俳諧結社である神風館の第3世で,俗談平話を標榜した伊勢派の創始者と目されているが,江戸,北越,九州などに行脚して芭蕉死後の俳壇で大きな勢力を得た。<参考文献>各務虎雄「岩田涼G7EDF」(明治書院『俳句講座』3巻)

(田中善信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いわたりょうと【岩田涼菟】

1659~1717) 江戸前・中期の俳人。本姓、秦。名、正致。通称、権七郎。初号、団友。別号、神風館など。伊勢山田の神職。蕉門にはいり各務支考かがみしこうらと親交を結ぶ。平明な伊勢風の基を築いた。編著「皮籠摺」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の岩田涼菟の言及

【涼菟】より

…江戸前期の俳人。本姓は秦,ふだんは岩田氏を称した。名は正致。初号は団友,のち団友斎を別号とする。伊勢の下級神職。初め談林系に属したが,晩年の芭蕉に入門。1694年(元禄7),伊勢に庵を構えた支考と親交を結び,美濃派・伊勢派の出発点となった《伊勢新百韻》(1698)の連句に一座,また,支考が俳諧の〈真・草・行〉を示そうと巻いた《三疋猿》(1704)にも同座する。伊勢派の中心人物として各地に行脚し,北越・九州等を勢力圏とした。…

※「岩田涼菟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android