コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老いらくの恋 オイラクノコイ

デジタル大辞泉の解説

おいらく‐の‐こい〔‐こひ〕【老いらくの恋】

年老いてからの恋愛。昭和23年(1948)、68歳の歌人川田順が弟子と恋愛、家出し、「墓場に近き老いらくの、恋は怖るる何ものもなし」と詠んだことから生まれた語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

老いらくの恋の関連キーワードハウプトマン(Gerhart Hauptmann)セプテンバーセックスアンリ ラヴダン川田 順流行語虹の岬日没前

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老いらくの恋の関連情報