平野謙(読み)ひらのけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平野謙
ひらのけん

[生]1907.10.30. 京都
[没]1978.4.3. 東京
評論家。本名,朗 (あきら) 。 1930年東京大学文学部入学,コップ (日本プロレタリア文化連盟) 書記局員 (1933) を経て山室静主宰の『批評』に参加 (36) 。第2次世界大戦後は荒正人らと『近代文学』を創刊 (46) ,「近代個人主義」に立脚した文学自立の立場から旧文学の「政治の優位性」を批判した。その後,文芸時評を書き継いで多くの新人作家を育てるかたわら,『島崎藤村』 (47) をはじめ近代文学を対象とした評論活動も続け,私小説理論や昭和文学史の構造などに創見を示した。主著に『政治と文学の間』 (56) ,『芸術と実生活』 (58) ,『昭和文学史』 (59) ,『文芸時評』 (63,69) ,『純文学論争以後』 (72) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

平野謙【ひらのけん】

評論家。本名朗(あきら)。京都生れ。東大美学科卒。左翼運動からの転向を経て,《批評》同人となり〈高見順論〉などを発表。戦後,荒正人らと《近代文学》を創刊,旧左翼文学を批判し,〈政治と文学論争〉を引き起こした。また,私小説作家における芸術実生活の背反をつく独自の私小説批判を展開。文芸時評でも活躍した。《島崎藤村》(1947年)《芸術と実生活》(1958年。芸術選奨受賞)などの他,《昭和文学史》《純文学論争以後》《昭和文学私論》など,幅広い評論活動を行った。
→関連項目大井広介佐々木基一戦後派埴谷雄高藤枝静男本多秋五

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平野謙 ひらの-けん

1907-1978 昭和時代の評論家。
明治40年10月30日生まれ。プロレタリア文学運動に関係するが,組織のあり方に絶望。第二次大戦後は「近代文学」の創刊にくわわり,文学における政治主義を批判し,独自の私小説批判を展開。文学史研究にすぐれ,「文芸時評」「昭和文学史」をあらわした。昭和52年芸術院恩賜賞。昭和53年4月3日死去。70歳。京都出身。東京帝大卒。本名は朗(あきら)。著作に「芸術と実生活」「島崎藤村」など。
【格言など】私小説を滅びの文学とすれば,心境小説は救いの文学である(「私小説の二律背反」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひらのけん【平野謙】

1907‐78(明治40‐昭和53)
評論家。京都生れ。本名は朗(あきら)。東京に育ち学齢前に岐阜の実家に帰る。岐阜中時代から文学に親しむ。八高をへて1930年東京帝大文学部社会学科入学。このころマルクス主義文学運動に関心を高め活動に入るが,運動の壊滅と大量転向,リンチ共産党事件に衝撃を受ける。戦後の46年本多秋五らと《近代文学》を創刊。運動挫折と戦中の体験を基礎に同年《島崎藤村――〈新生〉覚え書》を発表,〈宿命の特権化〉を唱え〈政治の優位性〉理論の人間蔑視を批判,中野重治らと〈政治と文学〉論争を展開し戦後文学の代表的批評家となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひらのけん【平野謙】

1907~1978) 文芸評論家。京都生まれ。本名、朗あきら。東大卒。戦後文学界の中心的評論家。政治と文学、私小説論などで、芸術と実生活の関係を追究。著「島崎藤村」「芸術と実生活」「昭和文学史」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平野謙
ひらのけん
(1907―1978)

評論家。明治40年10月30日京都に生まれる。本名は朗(あきら)。第八高等学校時代に藤枝静男、本多秋五(ほんだしゅうご)を知り、1930年(昭和5)東京帝国大学文学部に入学。在学中からプロレタリア文学運動に関係したが、やがて組織のあり方に疑問を抱いて離れ、諸紙誌に作家論や時評を発表。46年(昭和21)戦後文学を主導した雑誌『近代文学』の創刊に参加、旧プロレタリア文学運動を批判して、中野重治(しげはる)との間に「政治と文学」論争を展開した。その結実が『戦後文芸評論』(1948)だが、一方では、近代文学における自然主義的人間観の克服を課題とし、島崎藤村(とうそん)の作家的エゴイズムを剔抉(てっけつ)した『島崎藤村』(1947)や、私小説作家の二律背反を犀利(さいり)に分析した『芸術と実生活』(1958。芸術選奨受賞)が書かれた。長年続いた文芸時評は、秀抜な鑑賞力で定評がある。ほかに、自己の体験に深く根ざした『昭和文学史』(1959)など、第二次世界大戦後の代表的評論家・文学史家として卓越した業績を残した。明治大学教授。芸術院賞恩賜賞を受賞。昭和53年4月3日没。[宗像和重]
『『平野謙全集』全13巻(1974~75・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の平野謙の言及

【芸術と実生活】より

平野謙の評論集。1958年1月講談社刊。…

【純文学】より

…また,昭和初期のプロレタリア文学の台頭は芸術の大衆化の問題を提起するとともに,身辺雑記的な私小説を超える社会意識,階級的自覚を作家に要求するものであったため〈純文学〉の理念はこの面からも時代の波にさらされることになった。こうした過程を経て,戦後,マスコミの発達が文学の大衆化を余儀なくさせた事態に着目した平野謙は,大正以来の純文学にかわる新しい文学は,アクチュアルな社会的関心に基づく文学的志向が要求されるべきことを力説した。【村松 定孝】。…

【私小説】より

…その主なものは志賀直哉の系統では滝井孝作《無限抱擁》(1921‐24),尾崎一雄《二月の蜜蜂》(1926),《虫のいろいろ》(1948)など,葛西善蔵の系統では牧野信一《父を売る子》(1924),嘉村礒多(かむらいそた)《途上》(1932)などがある。そして前者を調和型心境小説,後者を破滅型私小説に分ける解釈が後に伊藤整《小説の方法》(1948)と平野謙〈私小説の二律背反〉(1951)によって完成,定着していった。伊藤の《小説の方法》と,〈私小説の二律背反〉を含む平野謙《芸術と実生活》(1958)は私小説論の最重要文献である。…

※「平野謙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平野謙の関連情報