コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老子化胡経 ろうしけこきょうLao-zi hua-hu-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老子化胡経
ろうしけこきょう
Lao-zi hua-hu-jing

中国で偽作された仏教経典,いわゆる「偽経」の代表的作品。4世紀初め頃の成立で,晋の道士王浮の作と伝えられる。後漢以来,道教と仏教の争いが盛んであったが,老子が西のインドに入り,生れ変って仏陀となって,もしくは仏陀を弟子にして,仏教を広めたと説き,道教の優位を主張している。初めは1巻であったが,のち2,10,11巻に増成されて記述も詳細となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

老子化胡経の関連キーワード老子化胡説禁書

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android