老病(読み)ロウビョウ

  • おいやみ
  • ろうびょう ラウビャウ
  • ろうびょう〔ラウビヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 老衰が原因で起こった病気。ろうびょう。
浄瑠璃・女殺油地獄(1721)中「浪人達のおひやみには、白髭明神・白髪薬師」
〘名〙 老衰から起こる病気。年とってからの病気。
※本朝無題詩(1162‐64頃)一〇・暮秋崇仁坊仏閣言志〈釈蓮禅〉「宿望染骨青蓮露、老病侵身老柳風」 〔礼記‐喪服〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老病の関連情報