老病(読み)ロウビョウ

  • おいやみ
  • ろうびょう ラウビャウ
  • ろうびょう〔ラウビヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 老衰が原因で起こった病気。ろうびょう。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)中「浪人達のおひやみには、白髭明神・白髪薬師」
〘名〙 老衰から起こる病気。年とってからの病気。
※本朝無題詩(1162‐64頃)一〇・暮秋崇仁坊仏閣言志〈釈蓮禅〉「宿望染骨青蓮露、老病侵身老柳風」 〔礼記‐喪服〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android