(読み)ろう

精選版 日本国語大辞典「老」の解説

ろう ラウ【老】

[1] 〘名〙
① 年寄ること。年とっていること。また、その人。年寄り。老人
※令義解(718)儀制「凡行路巷術。〈略〉賤避貴。少避老。軽避重」
※徒然草(1331頃)一五五「生・老・病・死の移り来る事、またこれに過ぎたり」 〔論語‐季氏〕
② 令制で、年齢による区分の一つ。戸令では六一歳から六五歳までをいったが、天平宝字二年(七五八)の勅で、六〇歳から六四歳までに年齢が引き下げられた。男は次丁といって、調・庸は半減される。
※令義解(718)戸「凡男女三歳以下為黄。十六以下為少。廿以下為中。其男廿一為丁。六十一為老。六十六為耆」
③ 老人が自分をさして、卑下の気持を含んでいう語。
※玉塵抄(1563)一六「老臆見を以て点をくだすなり」
[2] 〘語素〙 名詞の上に添えて「年をとっている」「経験を積んでいる」などのを表わす。
※菅家文草(900頃)四・老松風「聞暁風吹老大夫、冷冷恰似珊瑚
[3] 〘接尾〙 主に手紙、あるいは会話の相手である自分より年長の人の名前に付けて、軽い尊敬の気持を表わす。かならずしも老人に対してだけ用いるものではなく、もとは主に僧侶に対して用いられ、後には一般にも用いられた。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「Quisairǒ(キサイラウ)、Irmãorǒ(イルマンラウ)」 〔朱熹‐跋米元章帖〕

お・いる【老】

〘自ア上一(ヤ上一)〙 お・ゆ 〘自ヤ上二〙
① 年齢が重なる。年寄る。年をとる。
※古事記(712)下・歌謡「ひけたの若栗栖(くるす)原わかくへに、ゐ寝てましもの淤伊(オイ)にけるかも」
② 植物などが衰える。弱る。枯れかかる。
古今(905‐914)雑上・八九二「おほあらきの森の下草おいぬれば駒もすさめず刈る人もなし〈よみ人しらず〉」
③ 年をとってぼける。もうろくする。
※宇治拾遺(1221頃)三「子ども、孫など『あはれ、女とじは、おひて、雀かはるる』とて、にくみわらふ」
④ 季候が末になる。季節が終わりに近づく。
※宇津保(970‐999頃)春日詣「山べにふゆわかく、のべに春をひたり」
⑤ 勢力などが衰える。
※ボール紙の皇帝万歳(1927)〈久野豊彦〉「それでは、老いたる仏蘭西(フランス)の獅子は、再び吼えぬであらうか」
⑥ 円熟した状態になる。熟達する。たける。
※一国の首都(1899)〈幸田露伴〉「これらの議論をなす人士は〈略〉推理力には乏しきも世故には老い」

おい【老】

[1] 〘名〙 (動詞「おいる(老)」の連用形の名詞化) 年老いること。年寄ること。また、その人。ろう。老年。老人。
※古今(905‐914)雑上・八七九「おほかたは月をもめでじこれぞこのつもれば人のおいとなるもの〈在原業平〉」
[2] 〘語素〙 名詞の上に付いて、「年をとった」の意を表わす。「おいむしゃ(老武者)」「おいほうし(老法師)」など。

ろう‐・する ラウ‥【老】

〘自サ変〙 らう・す 〘自サ変〙 (「ろうずる」とも)
① 年とる。老いる。老人らしくなる。
花鏡(1424)先能其物成去能其態似「らうしたる形なれば、ををり、足弱くて」
② 隠居する。致仕する。

おい‐・す【老】

〘自サ変〙 年老いる。老年になる。衰える。
※古今(905‐914)秋下・二七〇「露ながらをりてかざさむ菊の花おいせぬ秋のひさしかるべく〈紀友則〉」

お・ゆ【老】

〘自ヤ上二〙 ⇒おいる(老)

ろう‐・す ラウ‥【老】

〘自サ変〙 ⇒ろうする(老)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「老」の解説

ろう【老】[漢字項目]

[音]ロウ(ラウ)(呉)(漢) [訓]おいる ふける
学習漢字]4年
年をとってふける。おいる。古くなる。「老化老朽老境老後老人老衰老年老木老廃物早老不老
年寄り。「老若ろうにゃく棄老敬老孤老野老やろう養老
物事に通じている年長者。「家老元老宿老大老長老
長い経験を積んでいる。「老獪ろうかい老巧老練
年長者に対する敬称。「老兄老台
老人の自称。「老生愚老拙老
老子のこと。「老荘
[名のり]おい・おみ・おゆ・とし
[難読]海老えび老舗しにせ野老ところ老麺ラーメン老酒ラオチュー老頭児ロートル

ろう〔ラウ〕【老】

[名]
年をとっていること。また、その人。老人。「先生」
「—を負い幼を扶けて火を避くる者」〈樗牛滝口入道
律令制で、61歳から65歳(のち、60歳から64歳)までの者の称。
老人が自分のことをへりくだっていう語。
「稚き女子の矢武におはするぞ、—が物見たる中のあはれなりし」〈読・雨月・浅茅が宿〉
[接尾]自分より年長の人の名に付けて軽い敬意を表す。「山本

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【江戸幕府】より

…徳川幕府ともいう。 1598年8月の豊臣秀吉の死後にその政権の運営を託された五大老の筆頭であった家康は,1600年9月の関ヶ原の戦の勝者となって実質的に天下人の位置につき,秀吉の創出した全国支配の体制(これを幕藩体制という)を受け継いだ。そして源氏の一族新田氏の後裔という系図を創作して朝廷から将軍に任ぜられ,名分の上でも全国を統治する権限を獲得した。…

【中老】より

…集団の成員のうち,その運営に発言権をもつ年寄(老(おとな),大人)と若い者の中間に位置し,年寄に次ぐ発言力をもった成員。中年寄。…

【江戸幕府】より

…徳川幕府ともいう。 1598年8月の豊臣秀吉の死後にその政権の運営を託された五大老の筆頭であった家康は,1600年9月の関ヶ原の戦の勝者となって実質的に天下人の位置につき,秀吉の創出した全国支配の体制(これを幕藩体制という)を受け継いだ。そして源氏の一族新田氏の後裔という系図を創作して朝廷から将軍に任ぜられ,名分の上でも全国を統治する権限を獲得した。…

※「老」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android