コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ロウ

3件 の用語解説(老の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろう〔ラウ〕【老】

[名]
年をとっていること。また、その人。老人。「―先生」
「―を負い幼を扶けて火を避くる者」〈樗牛滝口入道
律令制で、61歳から65歳(のち、60歳から64歳)までの者の称。
老人が自分のことをへりくだっていう語。
「稚き女子の矢武におはするぞ、―が物見たる中のあはれなりし」〈読・雨月浅茅が宿
[接尾]自分より年長の人の名に付けて軽い敬意を表す。「山本―」

ろう【老】[漢字項目]

[音]ロウ(ラウ)(呉)(漢) [訓]おいる ふける
学習漢字]4年
年をとってふける。おいる。古くなる。「老化老朽老境老後老人老衰老年老木老廃物早老不老
年寄り。「老若(ろうにゃく)棄老敬老孤老野老(やろう)養老
物事に通じている年長者。「家老元老宿老大老長老
長い経験を積んでいる。「老獪(ろうかい)老巧老練
年長者に対する敬称。「老兄老台
老人の自称。「老生愚老拙老
老子のこと。「老荘
[名のり]おい・おみ・おゆ・とし
[難読]海老(えび)老舗(しにせ)野老(ところ)老麺(ラーメン)老酒(ラオチュー)老頭児(ロートル)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ろう【老】

( 名 )
年をとること。また、年寄り。 「生しよう・-・病・死の移り来きたること/徒然 155
律令制で、六一歳から六五歳まで(のち六〇歳から六四歳まで)の者の称。
( 代 )
一人称。老人が自分のことを卑下していう語。 「稚わかき女子おんなごの矢武におはするぞ、-が物見たる中のあはれなりし/読本・雨月 浅茅が宿
( 接尾 )
自分より年とった人の名に付けて敬称として用いる。 「吉田-」 〔 は、古くは必ずしも老人に対してだけ用いるものではなく、もとは主に僧侶に対して用いられた〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【江戸幕府】より

…徳川幕府ともいう。 1598年8月の豊臣秀吉の死後にその政権の運営を託された五大老の筆頭であった家康は,1600年9月の関ヶ原の戦の勝者となって実質的に天下人の位置につき,秀吉の創出した全国支配の体制(これを幕藩体制という)を受け継いだ。そして源氏の一族新田氏の後裔という系図を創作して朝廷から将軍に任ぜられ,名分の上でも全国を統治する権限を獲得した。…

【中老】より

…集団の成員のうち,その運営に発言権をもつ年寄(老(おとな),大人)と若い者の中間に位置し,年寄に次ぐ発言力をもった成員。中年寄。…

【江戸幕府】より

…徳川幕府ともいう。 1598年8月の豊臣秀吉の死後にその政権の運営を託された五大老の筆頭であった家康は,1600年9月の関ヶ原の戦の勝者となって実質的に天下人の位置につき,秀吉の創出した全国支配の体制(これを幕藩体制という)を受け継いだ。そして源氏の一族新田氏の後裔という系図を創作して朝廷から将軍に任ぜられ,名分の上でも全国を統治する権限を獲得した。…

※「老」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

老の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老の関連情報