コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳を切った自画像

デジタル大辞泉プラスの解説

耳を切った自画像

オランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホの絵画(1889)。原題《Portrait de l'artiste par lui-même à l'oreille coupée》。1888年、アルルの「黄色い家」で芸術家たちと共同生活を夢見たゴッホが、ゴーギャンとの不和により、自ら左の耳を切り落とした直後に描いた自画像。ロンドンコートールド美術研究所所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報