コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳を切った自画像

1件 の用語解説(耳を切った自画像の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

耳を切った自画像

オランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホの絵画(1889)。原題《Portrait de l'artiste par lui-même à l'oreille coupée》。1888年、アルルの「黄色い家」で芸術家たちと共同生活を夢見たゴッホが、ゴーギャンとの不和により、自ら左の耳を切り落とした直後に描いた自画像。ロンドンコートールド美術研究所所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耳を切った自画像の関連キーワードアルルの寝室アルルの部屋糸杉のある道カラスのいる麦畑ガシェ博士の肖像黄色い家ゴッホの寝室タンギー爺さん夜のカフェ夜のカフェテラス

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone