コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄色い家

1件 の用語解説(黄色い家の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

黄色い家

オランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホの絵画(1888)。原題《La Maison et son entourage, La Rue》。南フランスアルルで芸術家たちとの共同生活を夢見たゴッホが借りた家を描いた作品。アムステルダムゴッホ美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄色い家の関連キーワードアルルの寝室アルルの部屋糸杉のある道カラスのいる麦畑ガシェ博士の肖像ゴッホの寝室タンギー爺さん馬鈴薯を食べる人々夜のカフェ夜のカフェテラス

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄色い家の関連情報