コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳介軟骨膜炎 じかいなんこつまくえん Perichondritis Auriculae

1件 の用語解説(耳介軟骨膜炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じかいなんこつまくえん【耳介軟骨膜炎 Perichondritis Auriculae】

[どんな病気か]
 耳介(じかい)(顔の両側に張り出している耳の部分)に炎症のおこる病気で、外傷、耳の手術後、凍傷(とうしょう)、外耳(がいじ)・中耳(ちゅうじ)の炎症、耳血腫(じけっしゅ)の化膿(かのう)などが原因でおこります。
[症状]
 耳介全体が不規則に浮腫(ふしゅ)状に(むくんだように)赤く腫(は)れ、熱も出ます。
 耳介の灼熱感(しゃくねつかん)(焼けるような感じ)があって、激しい痛みをともないます。
[治療]
 耳介をアルコール湿布(しっぷ)し、抗生物質を内服します。
 化膿したら、切開して膿(うみ)を出します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

耳介軟骨膜炎の関連キーワード外耳耳介耳殻何心地何なり不死身プリマドンナマドンナ病は気からマドンナデッリドリス教会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone