コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳介軟骨膜炎 じかいなんこつまくえんPerichondritis Auriculae

家庭医学館の解説

じかいなんこつまくえん【耳介軟骨膜炎 Perichondritis Auriculae】

[どんな病気か]
 耳介(じかい)(顔の両側に張り出している耳の部分)に炎症のおこる病気で、外傷、耳の手術後、凍傷(とうしょう)、外耳(がいじ)・中耳(ちゅうじ)の炎症、耳血腫(じけっしゅ)の化膿(かのう)などが原因でおこります。
[症状]
 耳介全体が不規則に浮腫(ふしゅ)状に(むくんだように)赤く腫(は)れ、熱も出ます。
 耳介の灼熱感(しゃくねつかん)(焼けるような感じ)があって、激しい痛みをともないます。
[治療]
 耳介をアルコール湿布(しっぷ)し、抗生物質を内服します。
 化膿したら、切開して膿(うみ)を出します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

耳介軟骨膜炎の関連キーワード耳痛の原因となる耳の病気耳のしくみとはたらき

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android