コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化膿 かのうsuppuration

翻訳|suppuration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化膿
かのう
suppuration

炎症の際,血液中から好中性白血球が滲出し,これが変性して,黄色の滲出液 () となるものを化膿という。化膿は,ブドウ球菌レンサ球菌などの細菌によって起ることが多いが,毒物や薬物によることもある (無菌的化膿) 。膿が体腔にたまる蓄膿症組織を融解した腔内にたまる膿瘍,組織内にびまん性に広がる蜂窩織炎,粘膜にみられる膿性カタルなどは,いずれも化膿に属する病変である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐のう〔クワ‐〕【化×膿】

[名](スル)膿(う)むこと。傷口などから化膿菌が侵入して炎症を起こした状態。「手術後の傷口化膿する」「化膿止め」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

化膿【かのう】

浸出性炎症の中で,組織の損部に多数の白血球が混じた,黄色不透明な浸出液(うみ)を生じる過程。この場合,白血球はほとんど好中球(中性好性白血球)である。化膿はブドウ球菌,連鎖球菌などの感染によることが最も多いが,白血球の走化を引き起こす起炎性ペプチドやテレビン油などの化学物質によることもある。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

化膿

 膿ができること.炎症を起こした部位血漿の浸出液や細胞の消化物等が集積してできる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かのう【化膿 suppuration】

炎症の過程に伴う現象の一つ。組織の損傷部に多量の好中球が集まり,組織の融解が起こり,局所に濃厚な液を貯留することをいう。この濃厚な滲出液を膿(うみ)といい,その内容は,多量の白血球,生菌や死菌,繊維素,液性成分,細菌,組織や白血球の崩壊産物,それに由来するコレステロールレシチンなどの脂質,多量のDNAから成る。化膿の原因は細菌感染が最も多いが,白血球の走化をひき起こすような化学物質によっても無菌的な化膿が起こる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かのう【化膿】

( 名 ) スル
傷口などがうみをもつこと。化膿菌の引き起こす炎症。 「足の傷が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化膿
かのう

炎症の一種である化膿性炎のことをいう。炎症の場合、血管から血液の液体成分あるいは細胞成分が血管外へ移動する現象を滲出(しんしゅつ)といい、滲出現象が著明な炎症を滲出性炎症とよび、滲出物の性状や種類によって、漿液(しょうえき)性炎、線維素性炎、化膿性炎、出血性炎、壊疽(えそ)性炎などに分類されている。化膿性炎は、血液の細胞成分である白血球のうち、細胞質に顆粒(かりゅう)を有している顆粒球の一種である好中球の滲出が著明であることを特徴としている。
 血液に含まれている細胞成分、つまり血球の種類を検査するもっとも普遍的な方法は、耳たぶ、あるいは指先から採取した僅量(きんりょう)の血液をスライドグラスに塗抹(とまつ)し、ギムザGiemsa液で染色、鏡検する方法である。このギムザ液の酸性赤色色素エオジンにも、塩基性青色色素メチレンブルーにも染まりにくい顆粒をもつ白血球を中性好性白血球、すなわち好中球という。好中球は棍棒(こんぼう)状、あるいはそれが数個に分節、分葉した核をもっており、桿状(かんじょう)球と分核球(分葉球)とに分類される。好中球は遊走、貪食(どんしょく)、殺菌の機能が著明であり、炎症性反応および感染防御に重要な役割を果たしている。
 炎症の際の滲出現象とは、その局所の血管において、血液を透過させる性質が高まることであり、白血球は、血流の増加、緩徐につれて血管の辺縁を流れるようになり、血管内皮に付着し、アメーバ運動によって、血管内皮細胞間のすきまから血管外に遊出する。遊出した白血球は、細菌などの炎症起因因子に向かって遊走していく(この現象を走化性とよぶ)。一方、細菌は、遊走してきた白血球の細胞膜に接着し、白血球内、とくに好中球内に取り込まれ、すなわち貪食され、さらに貪食された細菌は殺され、消化される。なお、好中球の走化性には、補体、血清タンパクなどが関係し、遊走因子とよばれている。
 白血球が血管外に遊出、遊走する現象は浸潤ともよばれており、ブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎球菌、淋(りん)菌、大腸菌などの感染による化膿性炎では、好中球の浸潤を特徴とし、滲出液を膿という。
 化膿性炎は好中球の浸潤状態により、蜂巣(ほうそう)織炎と膿瘍(のうよう)に分類される。つまり、化膿性炎の病巣が臓器、組織内にびまん性に広がっているものを蜂巣織(蜂窩(ほうか)織)炎といい、限局して中心に膿を充満しているものを膿瘍とよぶ。また副鼻腔(びくう)などの腔の内面に化膿性炎がおこり、膿が腔内に存する場合を蓄膿症という。蜂巣織炎は皮膚におこる(丹毒)ほか、虫垂(ちゅうすい)、胆嚢(たんのう)、筋肉などにみられ、膿瘍は肺、肝、脳、腎(じん)などにおこる。化膿をおこす細菌による感染症の場合、血液中の白血球数は増加し、白血球増多症とよばれる。反対に好中球が高度に減少する無顆粒球症という疾患では、しばしば重篤な感染症をおこしやすい。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化膿の関連キーワード溶血性レンサ球菌細菌性髄膜炎アクリノールリンパ節炎化膿性疾患ものもらい肛門周囲炎十味敗毒湯ダイアジン掻き崩し肺化膿症角膜潰瘍掻き壊す腫れ上る葡萄球菌夏沸瘡人面瘡脊椎炎肝膿瘍外耳炎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化膿の関連情報