コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳塞ぎ ミミフサギ

デジタル大辞泉の解説

みみ‐ふさぎ【耳塞ぎ】

みみふたぎ

みみ‐ふたぎ【耳塞ぎ】

同年齢の者が死んだとき、災厄が身にかかることを恐れて、(もち)で両をふさぐまねをし、唱え言をするまじない。地方により、鍋のふた・団子などでもする。みみふさぎ。みみふたげ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みみふさぎ【耳塞ぎ】

ミミフタギ,ミミフタゲともいい,同年齢の者が死んだときになされる呪法。餅やだんごを作り,耳ふさぎ餅,耳だんごと称して,それで耳をふさぐ。そのときに〈悪いこと聞くな,良いこと聞け〉と唱えたり,使用した餅やだんごを川へ流したり,辻や村境へ持っていったりして,穢(けがれ)きよめや厄ばらいをする。村内,地縁,親戚,同組,男どうし,女どうしなどさまざまな間でなされるが,とくに15,16歳までの子どもに多くみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みみふたぎ【耳塞ぎ】

耳につけて飾りとする珠玉。 〔和名抄〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の耳塞ぎの言及

【葬式】より

…葬送儀礼。日本ではソウレン(葬殮,葬礼)とかノオクリ(野送り)ともよばれる。一般に死の発生から埋葬や火葬などの死体処理までの儀式を葬式とよんでいる。葬式の様相は,別項〈葬制〉の記述にみるように,各時代各地域によって多様であり,複雑である。したがって,日本だけとってみても,その典型的なやりかたというようなものを説明するのは不可能であるが,以下では,日本の各地で伝統的に行われてきたことがらのうち,比較的広くみられたことについて略述する。…

【取越正月】より

…暦日上の正月を待たずに年の途中に儀礼的に正月を迎え,旧年から脱しようとすること。天候不順で秋の実りが危ぶまれたり,悪疫が流行したり,天変地異が続くと,ときならずだれが始めるともなく餅を搗(つ)き,門松を立て,しめ縄を引き,服装を改めて正月礼に歩くことが起こり,次々に近隣に流行することがあった。これはその年の忌まわしさから脱し新たな嘉年を期待して行われるもので,仮作正月(かさくしようがつ)とも流行正月(はやりしようがつ)ともいわれる。…

※「耳塞ぎ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

耳塞ぎの関連キーワード耳塞ぎ餅和名抄珠玉

耳塞ぎの関連情報