耳底(読み)ジテイ

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐てい【耳底】

〘名〙 みみのそこ。みみの奥。「底にとどまる」などの形で、聞いたことが忘れられず記憶に残ることをいう。
※本朝文粋(1060頃)一四・一条院四十九日御願文〈大江匡衡〉「尊儀猶如于眼前。顧命亦忝留于耳底
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「眠い耳底に折々鈍い刺激を与へる」 〔方干‐殷明府家楽方響詩〕

みみ‐そこ【耳底】

〘名〙 耳の奥深い所。
※俳諧・七番日記‐文化一〇年(1813)八月「耳底のなる程なる程夜永哉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android