コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳得 じとく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

耳得 じとく

?-? 江戸時代中期の俳人。
駿府(すんぷ)町奉行所の与力。蕉門の大島蓼太(りょうた)にまなぶ。宝暦13年(1763)師があつめた諸家の俳文に一門の俳文をくわえ,「芙蓉文集」をあむ。のち駿府の隠居宅を蓼太に寄贈,時雨窓とよばれて蓼太門(雪門)の拠点となった。姓は力石。通称は荻之進。別号に雪爪園。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android