耳得(読み)じとく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

耳得 じとく

?-? 江戸時代中期の俳人。
駿府(すんぷ)町奉行所の与力。蕉門の大島蓼太(りょうた)にまなぶ。宝暦13年(1763)師があつめた諸家の俳文に一門の俳文をくわえ,「芙蓉文集」をあむ。のち駿府の隠居宅を蓼太に寄贈,時雨窓とよばれて蓼太門(雪門)の拠点となった。姓は力石。通称は荻之進。別号に雪爪園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android