耳食(読み)じしょく

精選版 日本国語大辞典「耳食」の解説

じ‐しょく【耳食】

〘名〙 (耳に聞いてものの味を判断するのから) 人の話のうわべを聞いただけで、事の是非を十分に判断しないままに従うこと。なまかじりで早合点すること。付和雷同。
※惺窩文集(1627頃)続・序「視肉撮嚢之徒、耳食奔競之士」
※輿地誌略(1826)七「此外は耳食膚受して、仏を奉ずる者なり」 〔史記‐六国表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「耳食」の解説

じ‐しょく【耳食】

《聞いただけでその物の味を判断する意から》人の言うことを是非を判断しないでそのまま信用すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「耳食」の解説

【耳食】じしよく

聞いたままを信用する。〔史記、六国年表序〕學聞くに牽(ひ)かれ、に在ること日淺きを見、を察せず。因りて擧げて之れを笑ひ、敢て(い)はず。此れ耳を以てすると異なること(な)し。

字通「耳」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android