付和雷同(読み)ふわらいどう

四字熟語を知る辞典「付和雷同」の解説

付和雷同

主義主張を持たず、軽々しく他人のに同調すること。

[活用] ―する。

[使用例] 低血圧のせいなのか、私は事件に対してわっと反応し、付和雷同してさわぐことができない。したがってワンテンポおくれてしまうのである[星新一*きまぐれ暦|1975]

[使用例] あのおしゅうとめさんは頭の回転が鈍い人なんで、すぐに付和雷同する人やから。お姑さんもっとしっかりした人やったら、きっとわたしたち、彼女が死ぬまでいい友達やったと思う[米谷ふみ子*過越しの祭|1985]

[使用例] 付和雷同の「単一の説」がどれだけ国を誤らせ、人々にやくさいをもたらしてきたことか[ちく哲也*ニュースキャスター|2002]

[解説] 「付和」と「雷同」の合成語です。「付和」の「付」はその人のがわにつくこと、「和」はその意見に合わせること。また、「雷同」は、雷の音に共振するように、人の意見に同調することです。
 人の意見に賛成するだけなら悪いことではありません。ただ、「付和雷同」は、深い考えもなく同調するという、よくないニュアンスで使われます。
 「付和」も「雷同」も中国語にあることばです。それが近代の日本語で「付和雷同」「雷同付和」と四字熟語になりました。同じように作られた類義語として、「ふう雷同」「盲従雷同」「雷同附随」「付和随行」などがあります。
 付和雷同を痛烈に批判した文章としては、福沢諭吉の「ていちゅうこうろん」が有名です。明治維新の功労者だった西郷隆盛が、西南戦争を境に、手のひらを返すように全否定されたことに、福沢はいきどおりを示します。当時の新聞記者たちの態度を、「世間の噂話に雷同」するものだと、厳しい調子で論じています。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「付和雷同」の解説

ふわ‐らいどう【付和雷同】

[名](スル)一定の主義・主張がなく、安易に他の説に賛成すること。「多数派付和雷同する」
[補説]「不和雷同」と書くのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android