コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耶輸陀羅 やしゅだら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耶輸陀羅
やしゅだら

出家以前の釈尊の妃の名。サンスクリット語 Yaśodharāの音写。釈尊との間に羅 睺羅 Rāhulaを産む。南方仏教の聖典にはほとんど伝えられていないといってよいほどで,北方所伝の聖典には種々な名で伝えられている。したがって,釈尊の妃の名は,はっきり伝えられていないというべきである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やしゅだら【耶輸陀羅】

《〈梵〉Yaśodharāの音写》古代インドの拘利(こうり)族の王の娘で、釈迦の出家前の正妃羅睺羅(らごら)の母。釈迦が悟りを開いて5年目に、五百人の釈迦族の女性とともに出家したという。ヤショーダラー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やしゅだら【耶輸陀羅】

Yaśodharā〕 王子時代の釈迦の正妃。羅睺羅らごらの母。釈迦が悟りを開いて5年目に、釈迦族の500人の女性と一緒に出家したという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

耶輸陀羅の関連キーワード釈迦八相倭文庫釈迦の本地羅睺羅

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android