羅睺羅(読み)らごら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅睺羅
らごら

インドの僧。サンスクリット語 Rāhulaの音写釈尊十大弟子の一人。出家以前の釈尊と正妃耶輸陀羅 (やしゅだら) との間に生まれた実子。成道して帰郷した釈尊によって出家させられ,20歳のときに具足戒を受けた。よく修道に精進して阿羅漢果を成じ,密行第一の称を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

らごら【羅睺羅】

釈迦の子。悟りを開いて帰郷した釈迦について出家、二〇歳で具足戒を受け、十大弟子の一人となり、密行(細かな点まで戒律にかなった修行をすること)第一と称される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


らごら

釈迦(しゃか)の一子で、のちに釈迦の十大弟子の一人に数えられた。サンスクリット語ラーフラRhulaの音写。羅羅が生まれたとき、障害(ラーフラ)が生じたと父釈迦が語ったので、この名がついたと伝えられているが、むしろ一男子の出生が釈迦を安心して出家の道に入らせる要因となったと考えられる。釈迦は羅羅をなかば強制的に出家させた。彼は少しもおごるところなく、20歳で具足(ぐそく)戒を受け、また、戒律の微細な規則まで厳格に守ったので、密行(みつぎょう)第一とよばれるに至った。[石上善應]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

らごら【羅睺羅】

[1] (Rāhula の音訳) 出家前の釈迦の子。在胎六年の後生まれたという。釈迦について出家し、十大弟子の一人に数えられる。密行第一をもって称せられる。羅睺羅尊者。羅睺。
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)「羅睺羅像二躯」
[2] ((一)から転じて) 僧侶の子の異称。
※雑俳・柳多留‐四二(1808)「大黒の里で羅子羅を育させ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の羅睺羅の言及

【十大弟子】より

…第一結集においては,彼の記憶に基づいて律(仏教教団の生活規則)が編纂された。(9)羅睺羅(らごら) サンスクリット語でラーフラRāhula。羅云とも書かれる。…

※「羅睺羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android