コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南方仏教 なんぽうぶっきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南方仏教
なんぽうぶっきょう

アショーカ王の子マヒンダによってインドからセイロン (現スリランカ) に伝えられ,次いで 11世紀にセイロンからビルマ (現ミャンマー) に伝えられ,次にタイ,カンボジアなどに広がった上座部系統の仏教をいう。南方仏教は原始仏教の直系を伝える仏教であり,原始仏教の戒律を忠実に実行する点にその特徴がある。南方仏教の学者の著作は多いが,特に5世紀のブッダゴーサの『清浄道論』 Visuddhimaggaは名著といわれ,彼によって上座部の教学が集大成された。さらに 12世紀頃のアヌルッダの『摂阿毘達磨義論』 Abhidhammatthasaṅgahaは上座部の教理の綱要書として珍重される。総体的にみると上座部の教学では『阿含経』より一歩進んだ教理が現れており,特に心理説の研究には注目すべき発達がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なんぽう‐ぶっきょう〔ナンパウブツケウ〕【南方仏教】

インド中部に起こった仏教が、南方に伝わったもの。スリランカ・ミャンマー・タイ・カンボジア・ラオスで信仰され、釈迦(しゃか)の教えに忠実で、戒律が厳しい。→北方仏教

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なんぽうぶっきょう【南方仏教】

スリランカ(セイロン),ミャンマー,タイ,ラオス,カンボジアなどの南方諸国に行われている仏教をいう。インドから西域地方を経て,中国,日本などの北方に伝わった仏教を〈北伝仏教〉あるいは〈北方仏教〉というのに対して,この呼び方を用いる。上座部の仏教が伝えられたので〈南方上座部仏教〉または〈テーラバーダ〉とも呼ばれる。スリランカへの初伝は,前3世紀ころアショーカ王の子マヒンダと娘サンガミッターによって行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なんぽうぶっきょう【南方仏教】

南方アジアに広まった仏教。主としてスリランカ・ミャンマー・タイ・カンボジア・ラオスに伝わり流布している上座部系の仏教をさす。パーリ語の聖典を保持するので、パーリ仏教ともいう。 → 北方仏教

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の南方仏教の言及

【仏音】より

…5世紀ころの南方仏教の学僧。生没年不詳。…

【ベーサカ祭】より

…南方仏教で,釈迦の誕生,成道(じようどう),入滅を祝って行われる祭り。中国や朝鮮,日本などの北伝(大乗)仏教では,釈迦の誕生,成道,入滅はそれぞれ別の日のこととされ,それらの日ごとに祝われる(たとえば,4月8日の降誕会(ごうたんえ)または灌仏会(かんぶつえ),12月8日の成道会(じようどうえ),2月15日の涅槃会(ねはんえ)など)。…

【北伝仏教】より

…チベット,中国,朝鮮,日本などに行われている仏教の総称。〈北伝仏教〉あるいは〈北方仏教〉,およびこれに対する〈南伝仏教〉または〈南方仏教〉という呼称は,もとはヨーロッパの仏教学者によって与えられたものである。近代学としての仏教学はインド学と重なって19世紀に始められたが,西欧の学者は,スリランカ(セイロン)で得たパーリ語で著された仏教典籍に基づく仏教を〈Southern Buddhism〉と呼び,ネパールで入手したサンスクリット(あるいは仏教梵語)で書かれた仏典に基づく仏教を〈Northern Buddhism〉と称した。…

※「南方仏教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南方仏教の関連キーワードスリランカ史セイロン仏教ウェーサク祭興然(1)ベーサカ祭パーリ文学アショーカパーリ経典松本 徳明上田 天瑞南伝大蔵経パーリ語耶輸陀羅ウダーナ盂蘭盆会仏教美術南伝仏教ラッセン織田得能小乗仏教

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android