コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈迦族 しゃかぞくŚākya

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかぞく【釈迦族 Śākya】

釈迦が出たことで知られる古代北インドの部族。インドではシャーキャ族といわれる。伝説ではアーリヤ人のクシャトリヤ王統に属するといわれるが,チベット・ビルマ系などとみる史家もある。前6~前5世紀ごろ,カピラバストゥに都を置き,ヒマラヤ山麓のインド・ネパール国境地帯に拠っていた。いわゆる〈部族共和制(サンガ)〉の政治組織をもち,首長と部族民の代表が集会堂に集まって政策を決定した。西隣のコーサラ王国に服属していたが,釈迦の晩年ごろこの強国に滅ぼされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

釈迦族の関連キーワード仏陀の生誕地ルンビニコーリヤ族釈迦如来仏教文学藍毘尼園釈迦牟尼耶輸陀羅帝釈天ブッダ台座

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android