コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ソフィア教会 セイソフィアキョウカイ

1件 の用語解説(聖ソフィア教会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいソフィア‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖ソフィア教会】

Tsarkva Sveta SofiaЦърква Света София
ブルガリアの首都ソフィアの中心部にある教会。東ローマ帝国時代の6世紀に、皇帝ユスティニアヌス1世により建造。同国で2番目に古い教会とされ、首都ソフィアの名称はこの教会に由来する。オスマン帝国時代はイスラム寺院になった。2度の地震で被害を受けたが、20世紀に入ってから修復が進められた。
ブルガリア東部、黒海に面する町ネセバルにある教会跡。東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌス1世の治世下の6世紀に、古代ギリシャの神殿跡地に建造。かつての主教座聖堂。現在はアーチの柱とアプスが残っている。ネセバル最古の教会建築として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖ソフィア教会の関連キーワード聖ゲオルギ教会聖コンスタンティンエレナ教会聖ステファン教会聖ニコライロシア教会聖ネデリャ教会聖ネデリャ広場聖パントクラトール教会聖ペトカ教会聖ペトカ地下教会クラーリ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone