コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ビート大聖堂 セイビートダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

せいビート‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【聖ビート大聖堂】

Katedrála svatého Víta》チェコの首都プラハにある大聖堂プラハ城内に位置する。10世紀創建の教会に起源し、14世紀のボヘミア王カレル1世(神聖ローマ皇帝カール4世)の時代に、現在見られるゴシック様式の大聖堂の建築が始まった。ミュシャのステンドグラスがあるほか、地下の納骨堂にはカレル1世、バーツラフ4世、ルドルフ2世をはじめボヘミア歴代の王が眠る。1992年、「プラハ歴史地区」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。聖ビート教会
Katedrala sv. Vida》クロアチア北西部の都市リエカにある大聖堂。中世の創建。17世紀にイエズス会により、現在見られるような、独特な円形構造をしたバロック様式の建物になった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

聖ビート大聖堂の関連キーワード東欧美術

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android