コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖マリア教会(読み)セイマリアキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

せいマリア‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖マリア教会】

Kościół Mariacki》ポーランド南部の都市クラクフの旧市街にある教会。中央市場広場に面する。13世紀初めに建造されたゴシック様式の建物。彫刻家ファイト=シュトスが手がけた高さ13メートルというヨーロッパ最大級の祭壇画があることで知られる。1978年、「クラクフ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいマリアきょうかい【聖マリア教会】

ポーランドの古都クラクフに、1222年に建造されたゴシック様式の教会。クラクフで最も美しい教会と称えられ、中央正面のヴィオレットストウオシ聖壇は国宝に指定されている。伝承では、かつてモンゴルがクラクフに攻め入ったとき、この教会の窓からラッパ吹きが危険を知らせたが、ラッパを吹き終わらないうちに殺されてしまったという。この戦禍を悼み、現在も毎時刻に4つの窓から1度ずつラッパが吹かれるが、往時を偲んでメロディは途中で終わることになっている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖マリア教会の関連情報