コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央市場広場 ちゅうおうしじょうひろば

1件 の用語解説(中央市場広場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ちゅうおうしじょうひろば【中央市場広場】

ポーランドのクラクフにある広場。総面積4万m2で、中世から残っている広場としてはヨーロッパ最大である。この広場の中央にある荘厳な建物はルネサンス様式の織物会館で、民芸品やアクセサリー革製品などの小さな店が数多く並んでいて、2階は国立美術館の分館になっている。現在は広場に面してレストランカフェが建ち並び、地元の人や観光客でにぎわっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中央市場広場の関連キーワードクラクフスタニスワフドゴール広場ウェリチカクラクフ門テルトル広場バベル城ベニゼル広場チムール広場ポーランド美術

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone