戦禍(読み)せんか

精選版 日本国語大辞典 「戦禍」の意味・読み・例文・類語

せん‐か ‥クヮ【戦禍】

〘名〙 戦争によって受ける被害。戦争による災難兵禍
普賢(1936)〈石川淳〉一「頽齢塵労と戦禍のためにあはや絶えなんとするたましひを奮ひ立て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「戦禍」の意味・読み・例文・類語

せん‐か〔‐クワ〕【戦禍】

戦争による被害。「戦禍を被る」
[類語]有事戦時非常時乱世事変革命戦争非常いくさたたか戦役せんえきえきへい兵馬へいば兵戈へいか干戈かんか会戦合戦かっせん交戦戦火兵火戦乱兵乱戦雲戦塵せんじん大戦戦闘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android