コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖域なき関税撤廃 セイイキナキカンゼイテッパイ

デジタル大辞泉の解説

せいいきなき‐かんぜいてっぱい〔セイヰキなきクワンゼイテツパイ〕【聖域なき関税撤廃】

自由貿易協定経済連携協定において、例外を設けず全品目の関税を撤廃すること。聖域とは、ここでは国内産業保護などを理由として特定の産品について例外的に関税を残すこと、またその特定産品を意味する。
[補説]全品目の関税撤廃を原則とする環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加について、自由民主党は平成24年(2012)11月に発表した政権公約に『「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、TPP交渉参加に反対』と掲げている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

聖域なき関税撤廃の関連キーワードTPP(Trans‐Pacific Partnership)TPP(環太平洋経済連携協定)と自民党の姿勢環太平洋経済連携協定補説

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖域なき関税撤廃の関連情報