コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済連携協定 けいざいれんけいきょうていEconomic Partnership Agreement

知恵蔵の解説

経済連携協定

自由貿易協定」のページをご覧ください。

経済連携協定

自由貿易協定(FTA)が財・サービス貿易の自由化を目指すのに対し、経済連携協定は、FTAを軸にしながら、より広範な分野での連携に狙いがある。具体的には、人(労働力)やカネ(資本)などの移動に関しても制限を撤廃し、併せて知的財産権や競争政策に関するルール作りや、経済制度の調和、紛争処理手続きなども視野に入れている。中国や韓国がASEAN諸国とのFTA交渉で先行しているのに対し、日本は立ち遅れ感が否めず、経済界から不満が募っていた。その最大の原因は、日本国内に農産物の輸入自由化への抵抗が強いことである。そこで日本政府は、単なるFTAではなく、相互に対等な立場で連携する意味を込めたEPAで、交渉の立ち遅れを取り戻そうとしてきた。EPAは、看護師、介護士など特殊技能を持った労働力の移動や、相手国への農業技術協力を促進することも含むので、FTAよりも相互に受け入れやすいということもある。日本は2002年11月のシンガポール、05年4月のメキシコに続き、同年末にはフィリピン、マレーシア、タイとも、EPAの基本合意に達した。さらに経済産業省は06年に入って、オーストラリア、インド、中国、韓国とASEAN10カ国にまで枠組みを広げた「東アジアEPA」構想や、アジア版OECD(経済協力開発機構)を提唱している。

(石見徹 東京大学教授 / 2007年)

経済連携協定

自由貿易協定」のページをご覧ください。

経済連携協定

外国との間において、貿易の自由化のみならず経済関係全般の広い分野にわたり連携を強化することを目的とした協定。略称はEPA。財・サービス貿易の自由化のみならず、資本や人の移動、知的財産の保護や競争政策におけるルール作りなど、国際取引を円滑に行うとともに、市場制度など経済制度の調和をはかり、経済活動の一体化のための取り組みを含む。
EPAは締約国間において、貿易に関わる関税やサービス貿易の障壁などを削減もしくは撤廃し、貿易を自由化することを目的とした自由貿易協定(FTA)の内容に加えて、国際間投資や労働力の移動、政府調達や経済協力などについて、広く経済全般の連携を深め、相互関係の発展を目指す。このため、EPA/FTAと並べて表記されることもあるが、EPAはFTAを内包する概念といえる。日本は、シンガポール、メキシコなど各国と個別にEPAを締結し、これとは別に東南アジア諸国連合(ASEAN)との包括的経済連携協定も結んでいる。2012年4月までには、13カ国・地域とのEPAが発効。2013年現在、10カ国・地域と交渉が行われている。なお、輸出入を行う際の関税は世界貿易機関(WTO)で定められた加盟国共通の関税率(MFN税率)が適用される。しかし、EPA締結国間では、原産地規則などの条件を満たす産品については、MFN税率よりも低い特恵関税の適用を受けられる。
環太平洋経済連携協定(TPP)もEPAの一つであり、日本政府は交渉参加を表明している。また、欧州連合(EU)との間では、協定の範囲や目標などを定める「スコーピング」の作業を終え、13年10月の第3回EPA交渉会合では、チーズやワインなど加工食品に日本がかける輸入関税を撤廃する見返りとして、自動車部品の輸入関税を直ちに撤廃するという案がEU側から示された。これを受ければ痛手となる農業などの生産者団体と、自動車関連など輸出産業とは利害が相克する。TPP交渉及び日・EUのEPA交渉は貿易高が巨額であり、内容も相互に影響する。今後これらについて、国内での対応と調整も大きな課題となっている。

(金谷俊秀 ライター / 2013年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいざいれんけい‐きょうてい〔‐ケフテイ〕【経済連携協定】

関税の撤廃や貿易の自由化などを定めた自由貿易協定(FTA)をもとに、投資、看護師など人の移動の自由化、知的財産の保護や経済協力のあり方など広い分野での地域間協力に関する協定。EPA(economic partnership agreement)。→経済統合協定(EIA) →TPP(環太平洋経済連携協定)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

経済連携協定【けいざいれんけいきょうてい】

経済・外交用語。Economic Partnership Agreement(略称EPA)。自由貿易協定(FTA)が,特定の国や地域の間で,物品の関税やサービスなどに関して貿易の障壁などを削減・撤廃することを目的とする協定であるのに対して,経済連携協定(EPA)は,貿易の自由化に加え,投資,人的移動,知的財産保護,競争政策におけるルール作り,多様な分野での強力等々,さまざまな要素を含む幅広い経済関係の強化を目標とする協定である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経済連携協定
けいざいれんけいきょうてい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

経済連携協定の関連キーワード環太平洋経済連携協定(TPP=Transエコノミーパートナーシップアグリーメントインドネシア人介護福祉士候補者の受け入れTPP(環太平洋パートナーシップ協定)外国人看護師・介護福祉士受け入れフィリピン人介護福祉士の受け入れインドネシア人介護福祉士候補者環太平洋戦略的経済連携協定EPAと研修生の受け入れ経済統合協定(EIA)EPAと外国人看護師TPPの日米並行協議シンガポール(国)スナップバック手続外国人の介護福祉士生産調整(減反)特定原産地証明書センシティブ品目聖域なき関税撤廃メキシコ(国)

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経済連携協定の関連情報