聖教新聞(読み)せいきょうしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖教新聞
せいきょうしんぶん

創価学会の日刊機関紙創刊は 1951年4月 20日で,創刊時には旬刊であったが 65年7月に日刊となった。東京,大阪の両本社のほか,多くの総支局,支局を全国に配置しており,独自の配布網も全国的に組織されている。発行部数は公称約 550万 (1998) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいきょうしんぶん【聖教新聞】

宗教法人創価学会の日刊機関紙。日本で発行部数最大の機関紙でもある。1951年4月20日創刊。旬刊,2ページ建て,5000部であったが,53年週刊,60年週2回刊,62年週3回刊,65年7月日刊となる。印刷はすべて委託で,ファクシミリにより全国33ヵ所で分散印刷となる。97年現在,発行部数550万部,全国に8支社,50支局を置き,別に専売網をもつ。【新井 直之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖教新聞の関連情報