聖教新聞(読み)せいきょうしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖教新聞
せいきょうしんぶん

創価学会の日刊機関紙創刊は 1951年4月 20日で,創刊時には旬刊であったが 65年7月に日刊となった。東京,大阪の両本社のほか,多くの総支局,支局を全国に配置しており,独自の配布網も全国的に組織されている。発行部数は公称約 550万 (1998) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいきょうしんぶん【聖教新聞】

宗教法人創価学会の日刊機関紙。日本で発行部数最大の機関紙でもある。1951年4月20日創刊。旬刊,2ページ建て,5000部であったが,53年週刊,60年週2回刊,62年週3回刊,65年7月日刊となる。印刷はすべて委託で,ファクシミリにより全国33ヵ所で分散印刷となる。97年現在,発行部数550万部,全国に8支社,50支局を置き,別に専売網をもつ。【新井 直之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖教新聞の関連情報