コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

創価学会 そうかがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

創価学会
そうかがっかい

宗教団体。 1930年牧口常三郎によって創価教育学会が創立されたが,これが創価学会の発祥である。牧口は第2次世界大戦中,捕えられて獄死したが,戦後その跡を継いだ戸田城聖は第2代会長として精力的な布教活動を進め,信徒は飛躍的に増大した。この動きは戸田没後池田大作が第3代会長となってからも続いた。「美利善」の価値を創造することによって幸福を追求する過程で人間が生きがいを感じられる第三文明の世界の実現に向うというのがその主張のあらましであるが,日本の民衆に既成の宗教では与ええなかった救済感を与えた点が,大きな信徒の結集を呼んだ理由とされている。第4代会長北条浩後継者として 1981年より秋谷栄之助が第5代会長。『聖教新聞』などを刊行。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

創価学会

1930年、初代会長牧口常三郎(1871〜1944)が戸田城聖(1900〜58)と設立した創価教育学会を母体とする宗教団体で、46年に創価学会と改称した(52年、宗教法人化)。「創価」とは「価値創造」を意味する。国内に公称812万世帯の会員(海外会員数は公称136万人)を持つ、日本最大の新宗教教団である。また、東洋学術研究所や創価大学を始めとする学術・教育機関も持っている。51年、戸田が第2代会長に就任し、布教活動のマニュアルである『折伏(しゃくぶく)教典』の刊行や、教団の組織整備を行い、54年には会員が16万世帯を超えるまでに急成長した。その半面、「折伏」と呼ばれる強引な布教方法が社会問題にもなった。60年には、池田大作(1928〜)が第3代会長に就任し、海外布教も始める。政治の世界にも進出し、64年に公明党が結成された。75年、創価学会インターナショナル(略称SGI)が発足し、世界的な布教組織が整備される。79年、池田は会長を辞任して名誉会長となり、その後、第4代会長北条浩を経て、現在は秋谷栄之助(1930〜)が第5代会長となっている。創価学会は、もともと日蓮正宗に所属する在家の仏教教団だったが、90年に池田大作の僧侶批判を契機に、日蓮正宗と創価学会との対立が激化した。91年以降、創価学会は独自の路線を歩んでいる。

(岩井洋 関西国際大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

創価学会

日蓮の教えを信奉、会員(信者)は法華経南無妙法蓮華経の題目を唱える。国内の会員世帯数は公称827万で、192の国と地域に会員がいるという。総本部は東京都新宿区信濃町にある。 1930年に創価教育学会として創立。43年、軍国主義のもとで初代会長と第2代会長は治安維持法などの容疑で検挙され、初代会長は獄死した。第3代会長・池田大作氏までの3人は、会則によって「永遠の師匠」と特別に位置づけられる。

(2016-09-22 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうか‐がっかい〔サウカガククワイ〕【創価学会】

法華教系の新宗教。昭和5年(1930)牧口常三郎が創立した創価教育学会を、戸田城聖が昭和21年(1946)に再組織したもの。池田大作会長となってから公明党を結成。日蓮正宗の在俗信仰団体で大石(たいせき)寺が本山であったが、平成5年(1993)日蓮正宗との関係が絶たれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

創価学会【そうかがっかい】

牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)が1930年に結成した創価教育学会を前身とし,戦後戸田城聖(じょうせい),池田大作(だいさく)らが会長となり飛躍的に発展した宗教団体。
→関連項目日蓮宗立正佼成会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうかがっかい【創価学会】

東京都新宿区信濃町に本部をおく日蓮正宗の在家信者によって構成される宗教団体。1930年11月に牧口常三郎戸田城聖とともに創立した創価教育学会を母体に,46年戸田が創価学会として再建した。1937年に発会式をあげて布教活動を本格化した創価教育学会は,法華経を唯一として他宗排撃,大麻(神宮神礼)奉斎を拒否したため43年弾圧され,戸田,牧口らは投獄された。45年出獄した戸田は,獄死した牧口の志を生かすべく,獄中の宗教体験を体系化した十界の生命論を中心に,大御本尊の功徳を説き,46年創価学会を再建,51年第2代会長に就任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうかがっかい【創価学会】

日蓮正宗の講社。1930年(昭和5)牧口常三郎の創立した教育研究団体「創価教育学会」が母体。51年、戸田城聖が会長になって以後、組織的な折伏しやくぶく活動を行なって発展した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

創価学会
そうかがっかい

法華(ほっけ)系の在家仏教団体。教育者・教育学者であった牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)(1871―1944)が、同じく教育者であった戸田城聖(とだじょうせい)(1900―58)とともに1930年(昭和5)11月に設立した「創価教育学会」に始まる。日蓮(にちれん)を末法の本仏と仰ぎ、1279年(弘安2)図顕の「戒壇大本尊」(曼荼羅(まんだら))信仰と、南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)の唱題行を基本的信仰実践とし、日蓮仏教の宣布と「法華経」思想の宣揚、さらに仏教思想に基づく平和的社会の実現などを目ざしている。[中野 毅]

沿革

「創価教育学会」は、当初、牧口教育理論に基づく教育改革運動団体であったが、教育による社会改革の根底には日蓮の教説に基づく宗教革命が必要であるとの主張をしだいに強く掲げるようになり、1937年(昭和12)正式に発会式をあげたあとは布教活動が中心となった。東京、横浜、北九州地域などで会員約3000人に発展したが、当時の「宗教統制策」に反対し、宗門合同や伊勢(いせ)神宮神札拝受を拒絶したため弾圧され、43年7月治安維持法違反と不敬罪容疑で牧口、戸田ら幹部21名が検挙され、牧口は獄死した。
 1946年(昭和21)戸田は同会を「創価学会」の名で再建、5年後に第2代会長に就任し、活発な布教活動を開始した。彼は獄中での宗教体験をもとに「生命論」を説き、人生の究極目的は信仰による生命の変革、すなわち「人間革命」であると主張し、その実践として本尊への唱題と折伏(しゃくぶく)行(他宗破折)を強調した。この折伏活動と、第二次世界大戦後の都市化時代に居住地や職場の移動が激しい信者間の連携を保つのに有効なタテ線組織、さらに青年部の強化などの要因によって、戸田が没した1958年には会員世帯80万に達した。
 他方、日蓮の思想には末法の日本における仏国土の建設、立正安国(りっしょうあんこく)という社会統合へのビジョンがみられるが、牧口が価値論で主張した「大善生活」という理念は、「社会的公共善の実現」を意味し、日蓮の社会的理念の展開でもあった。それを受けて戸田は「王仏冥合(おうぶつみょうごう)論」を説き、仏教の慈悲の精神に基づく理想政治の実現を目ざすべきと主張した。また、その理想政治の実現には国民全体に正しい宗教的精神文化が確立されることが必要と考え、その確立を示すのが、日蓮の遺志であった本門戒壇を国民の総意によって建立することと考えて、参議院での議決による戒壇建立、いわゆる国立戒壇の建立を主張した。しかしそれは、参議院こそが国民全体の意思の反映の場であるという、当時の国民一般の期待感と結び付いた素朴な発想であり、のちに撤回された。
 1955年(昭和30)には公明選挙・政界浄化をスローガンに地方議会に、翌年は参議院に進出した。政界進出は、60年に戸田の後を継いだ第3代会長池田大作(1928― )の時代に本格化した。1964年宗教政党公明党を結成、3年後には25名を衆議院に送り、その後野党第二党に発展した。しかし、政治への積極的参加は、政教分離制度下での宗教と政治のあり方をめぐって既存の諸勢力からの反発を受け、1970年、おりから発生した学会批判書の出版阻害事件をきっかけに「言論問題」が発生した。それを機に学会と党との組織的・機能的分化がなされ、公明党は国民政党へと方向転換するとともに、学会の社会的活動は教育、文化、平和運動に重点が置かれるようになった。戒壇建立も民衆立が本意であることが明確にされ、1972年静岡県富士宮(ふじのみや)市の日蓮正宗(しょうしゅう)総本山大石(たいせき)寺に正本堂として完成した(後述する宗門との対立を経て1999年解体)。
 公明党は1993年(平成5)の第40回衆議院選挙で51議席を確保し、参議院でも24議席をもつなど、多党化時代に入って有力な位置を占めるようになった。同93年には第二次世界大戦後38年間におよぶ自民党政権が崩壊し、非自民連立政権が誕生したが、公明党は4人の閣僚を送り、政権の一翼を担うこととなった。宗教団体を主たる支持母体とした政党が政権に参加したのは、日本史上、初のできごとであった。
 会長池田大作時代には、教勢が大きくのび、1970年(昭和45)には会員世帯が750万に達した。教団基本組織も整備され、男子部、学生部、高等部、中等部、少年部などの年齢別育成組織や教育・芸術・学術の文化局各部を結成したり、地域ごとのブロック組織などがつくられていった。さらに教育・文化面での各種外郭団体も創設された。海外布教も進展し、75年には国際組織「創価学会インタナショナル」が結成され、会員は163か国・地域、約150万2000人に達した(2000)。[中野 毅]

日蓮正宗との関係

創価学会は、牧口が、日蓮系教団のなかで弱小ではあったが、本仏論など独特の教義をもつ日蓮正宗を通して日蓮や法華経に出会い、その信徒として活動を始めたこともあって、日蓮正宗の信徒集団として自他ともに認めてきた。伝統教団と新宗教としての性格を有する巨大な信徒集団の結合は、教団の形態としてもきわめて珍しく、類型的に「共棲(きょうせい)」または「共生」型教団としてとらえられてきた。しかし、僧侶中心主義の性格を有する日蓮正宗と、信徒活動中心の創価学会との間には、避けがたい緊張と対立が何度か生まれた。第二次世界大戦中、伊勢神宮神札拝受を牧口は拒絶したが、日蓮正宗は受け入れたことをはじめとし、神本仏迹(しんぽんぶっじゃく)論を説いて第二次世界大戦中に軍部に協力した僧、小笠原慈聞の糾弾事件(1952年)、正本堂(1972年)をめぐる教義解釈の確執などが、これまでも起こっていた。1990年(平成2)、戒壇本尊への参拝料を値上げしようとした正宗の要求に端を発した対立は、日蓮正宗による創価学会の破門という事態に発展した。創価学会は、これを宗門の監督・統制から離れて、本来の運動を展開する機会としてとらえ、信徒のみによる葬儀「友人葬」を実施し、学会制定の本尊を授与するなど、各種儀礼において、僧侶に依存しない体制を整え、在家主義仏教教団としての性格を強めている。[中野 毅]

現況

国内会員世帯数821万(2000)。信者数は公表されていない。本部を東京都新宿区信濃(しなの)町に置き、機関紙・誌『聖教新聞』(日刊)、『大白蓮華(だいびゃくれんげ)』(月刊)その他を発行。外郭団体に創価学園、創価大学(以上学校法人)、民主音楽協会、富士美術館、東洋哲学研究所(以上財団法人)がある。また学会系の出版社に潮(うしお)出版社、第三文明社などがある。[中野 毅]
『J・W・ホワイト著、宗教社会学研究会訳『ホワイト調査班 創価学会レポート』(1971・雄演社) ▽東京大学法華経研究会編『創価学会の理念と実践』(1975・第三文明社) ▽池田大作著『人間革命』全12巻(1965~93・聖教新聞社) ▽池田大作著『新・人間革命』(1998~ ・聖教新聞社) ▽B・R・ウィルソン著『タイム・トゥ・チャント――イギリス創価学会の社会学的考察』(1997・紀伊國屋書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の創価学会の言及

【戸田城聖】より

…宗教家。創価学会第2代会長。本名甚一,旧号城外,城正。…

【牧口常三郎】より

…宗教家,教育家。創価学会初代会長。新潟県刈羽郡荒浜村に生まれた。…

※「創価学会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

創価学会の関連キーワードジェイムス・ウィルソン ホワイト東京富士美術館伊藤 惣助丸小平 芳平石田 次男山田 太郎石田幸四郎藤原 弘達白木義一郎戸田 城聖原島 宏治原島宏治牛田 寛竹入義勝隈部大蔵内藤国夫藤原弘達矢野絢也北条 浩藤原行正

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

創価学会の関連情報