コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖書台 せいしょだいlectern

翻訳|lectern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖書台
せいしょだい
lectern

キリスト教の聖堂内にある聖書を読むための台。ローマのサン・クレメンテ聖書台のように初めはアンボ (説教壇) の一部をなしていたが,中世後期にいたって移動できる書見台としてアンボから独立した。木製のものが多いが,青銅,真鍮,鉄製のものもある。初期の作例には三脚柱に支えられた台が多いが,13世紀にいたって支えの上にわしが翼を広げた形の台がついたものに発展して聖書台の典型となり,今日多くの聖堂にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖書台の関連情報