コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖餐象徴論 せいさんしょうちょうろんSymbolism

翻訳|Symbolism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖餐象徴論
せいさんしょうちょうろん
Symbolism

聖餐におけるパンとぶどう酒には,化体説的意味でも実在説 (ないし共在説 ) 的意味でもキリストの血と肉は存在せず,パンとぶどう酒という記号によりキリストの血と肉が象徴されているにすぎないとする論議。カトリックの化体説や M.ルターの実在説と対立した H.ツウィングリおよびツウィングリ派の聖餐論がその代表的なもの。ドイツとスイスの宗教改革運動の調停をはかって開かれたマールブルク会談 (1529) では,ルターとツウィングリは聖餐論をめぐって決定的に対立し,プロテスタント教会の分裂の一因となった。 (→聖餐論争 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

聖餐象徴論の関連キーワードキリストの実在実体変化

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android