コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖餐論争 せいさんろんそうEucharistic controversy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖餐論争
せいさんろんそう
Eucharistic controversy

ミサ聖祭 (プロテスタントでは聖餐式) において,聖別されたパンとぶどう酒キリストのからだと血になるという信仰をめぐっての神学的論争の総称。はたしてパンとぶどう酒がキリストの血肉となるのか,なったとすればどのようにそれぞれのなかに存在するのかをめぐっての論争は古くからあったが,最も有名なのは 16世紀のルター説とツウィングリ説との間に戦わされたものである。前者がキリストの血肉が現実に,パンの実体とともに現存するという共在説を主張したのに対して,後者は単に象徴的に現存するという象徴説 (→聖餐象徴論 ) を主張した。なおローマ・カトリックはルターのごとく実在説をとるが,パンの実体がキリストの実体に変化するという化体説 (実体変化) を主張する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

聖餐論争【せいさんろんそう】

聖体論争

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の聖餐論争の言及

【聖体論争】より

…キリスト教の祭儀の中心をなす聖餐式(ミサ)において,キリストの体と血として信者が受領するパンとブドウ酒が形質の変化をとげてそれとなるのか,あるいは象徴的な変化にとどまるのかをめぐる論争。〈聖餐論争〉とも呼ぶ。〈最後の晩餐〉でキリストの述べたことばが聖餐の起源となった以上,聖餐で用いるパンとブドウ酒がキリストの体と血に変化することは,キリスト教徒にとって疑いのない事実であった。…

※「聖餐論争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

聖餐論争の関連キーワードシュツットガルト信仰告白クリプト・カルバン派トリエント公会議ウォーターランドキリストの実在ルター派教会改革派教会ベルミリミサ聖祭ブレンツ聖体