コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖餐論争 せいさんろんそうEucharistic controversy

2件 の用語解説(聖餐論争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖餐論争
せいさんろんそう
Eucharistic controversy

ミサ聖祭 (プロテスタントでは聖餐式) において,聖別されたパンとぶどう酒キリストのからだと血になるという信仰をめぐっての神学的論争の総称。はたしてパンとぶどう酒がキリストの血肉となるのか,なったとすればどのようにそれぞれのなかに存在するのかをめぐっての論争は古くからあったが,最も有名なのは 16世紀のルター説とツウィングリ説との間に戦わされたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の聖餐論争の言及

【聖体論争】より

…キリスト教の祭儀の中心をなす聖餐式(ミサ)において,キリストの体と血として信者が受領するパンとブドウ酒が形質の変化をとげてそれとなるのか,あるいは象徴的な変化にとどまるのかをめぐる論争。〈聖餐論争〉とも呼ぶ。〈最後の晩餐〉でキリストの述べたことばが聖餐の起源となった以上,聖餐で用いるパンとブドウ酒がキリストの体と血に変化することは,キリスト教徒にとって疑いのない事実であった。…

※「聖餐論争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone