コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聴罪司祭 ちょうざいしさいconfessor

翻訳|confessor

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうざいしさい【聴罪司祭 confessor】

カトリックの用語。〈ゆるしの秘跡〉の典礼において,罪の告白を聴き,赦免を与える司祭。このような個人告白の際,個人指導を効果的に受けられるよう,一定の司祭を選ぶ自由がある。したがって指導司祭が聴罪司祭となる場合が多い。告白された罪の秘密は教会法によって厳守されている。【土屋 吉正】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の聴罪司祭の言及

【聖人】より

聖遺物が崇敬の対象となっていること,忌日が天国への誕生日として祝われたことなど,後の聖人崇拝の基本的特徴はすでにここに現れている。4世紀までには殉教者だけでなく,高徳の生涯を送った者,いわゆる証聖者confessorも崇敬の対象となる。聖母マリア崇敬の普及も4世紀であった。…

※「聴罪司祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

聴罪司祭の関連キーワードヨハネ[トマス主義神学者]ギヨーム[ムールベーカの]ペール・ラシェーズ墓地ウィンケンチウストルケマーダシスネロスコンヘソルフェレールビベールビアンネゴンゴラソルボンダイイ聴罪師懺悔

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android