聴罪司祭(読み)ちょうざいしさい(英語表記)confessor

翻訳|confessor

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうざいしさい【聴罪司祭 confessor】

カトリックの用語。〈ゆるしの秘跡〉の典礼において,罪の告白を聴き,赦免を与える司祭。このような個人告白の際,個人指導を効果的に受けられるよう,一定の司祭を選ぶ自由がある。したがって指導司祭が聴罪司祭となる場合が多い。告白された罪の秘密は教会法によって厳守されている。【土屋 吉正】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の聴罪司祭の言及

【聖人】より

聖遺物が崇敬の対象となっていること,忌日が天国への誕生日として祝われたことなど,後の聖人崇拝の基本的特徴はすでにここに現れている。4世紀までには殉教者だけでなく,高徳の生涯を送った者,いわゆる証聖者confessorも崇敬の対象となる。聖母マリア崇敬の普及も4世紀であった。…

※「聴罪司祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android