コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆるしの秘跡 ユルシノヒセキ

デジタル大辞泉の解説

ゆるし‐の‐ひせき【ゆるしの秘跡】

カトリック教会のサクラメントの一。洗礼後に犯した罪について、悔い改め、司祭に告白することによって神と教会から与えられる罪の赦(ゆる)し。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆるしのひせき【ゆるしの秘跡 penitence】

キリスト教基本用語の一つ。聖書ギリシア語のmetanoia(悔い改め,回心)のラテン語訳paenitentiaに由来し,後に七つの秘跡(サクラメント)の一つを表す名称となった。従来はラテン語の他の言葉poenitentia(<poena=罰)などの影響もあって〈悔悛〉〈告解〉などと訳されてきたが,現代では〈回心〉〈神との和解〉,秘跡名としては〈ゆるしの秘跡〉と呼ばれるようになった。神は人間の罪を絶えずゆるそうとしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆるしのひせき【ゆるしの秘跡】

カトリック教会のサクラメントの一。人がその罪を認め、公に言葉で表すことによって、神のゆるしを得ること。悔悛かいしゆん。告解。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ゆるしの秘跡の関連キーワードカトリック教会悔悛の秘跡聴罪司祭聴罪痛悔

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android