コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職位等級制度

人材マネジメント用語集の解説

職位等級制度

・ 資格等級の区分を職位(ポジション)で行う仕組み。
・ 部長・課長等の組織の地位(職位)をいくつかの階層に分けて等級とする制度。
・組織・職位構造が安定している企業では運用が容易、職位に応じて処遇できるため、理解しやすい(等級数が職位に合致)といったメリットがあるが、組織・職位が安定的に運用されている必要があり、事業領域等に変化がる場合には運用し困難、職位を外れることによって報酬が下がる(モチベーションの低下要因)、職位の入れ替え等が硬直化する等といったデメリットもある。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android