職位等級制度

人材マネジメント用語集の解説

職位等級制度

・ 資格等級の区分職位(ポジション)で行う仕組み。
部長課長等の組織地位(職位)をいくつかの階層に分けて等級とする制度
・組織・職位構造が安定している企業では運用容易、職位に応じて処遇できるため、理解しやすい(等級数が職位に合致)といったメリットがあるが、組織・職位が安定的に運用されている必要があり、事業領域等に変化がる場合には運用し困難、職位を外れることによって報酬が下がる(モチベーションの低下要因)、職位の入れ替え等が硬直化する等といったデメリットもある。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android