コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職位等級制度

1件 の用語解説(職位等級制度の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

職位等級制度

・ 資格等級の区分を職位(ポジション)で行う仕組み。
・ 部長・課長等の組織の地位(職位)をいくつかの階層に分けて等級とする制度。
・組織・職位構造が安定している企業では運用が容易、職位に応じて処遇できるため、理解しやすい(等級数が職位に合致)といったメリットがあるが、組織・職位が安定的に運用されている必要があり、事業領域等に変化がる場合には運用し困難、職位を外れることによって報酬が下がる(モチベーションの低下要因)、職位の入れ替え等が硬直化する等といったデメリットもある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職位等級制度の関連キーワード製品ポジション製品ポジショニング資金ポジション職位レギュラーポジションオポジションショートポジションロングポジション役割等級制度職務等級制度

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone