コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉桂色 にっけいいろ

色名がわかる辞典の解説

にっけいいろ【肉桂色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ黄赤」としている。一般に、香料や調味料に使う肉桂のような、ややくすんだ明るい茶色のこと。英名シナモン(cinnamon)の訳語。肉桂は東南アジア原産で江戸時代には日本に入っていたが、色名として使われるようになったのは近代。菓子のニッキの原料でもある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

にっけいいろ【肉桂色】

ニッケイの類の樹皮や根皮のような、くすんだ黄赤色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肉桂色の関連キーワードシュルツ(Bruno Shulz)ハリガネオチバタケ(針金落葉茸)マツバハリタケ(松葉針茸)オツネンタケ(越年茸)マンネンタケ(万年茸)ホクチタケ(火口茸)ツキヨタケ(月夜茸)ワサビタケ(山葵茸)セミタケ(蝉茸)ブルノ シュルツシュルツニッケイ(肉桂)土壌型色名訳語

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android