コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉桂色 にっけいいろ

色名がわかる辞典の解説

にっけいいろ【肉桂色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ黄赤」としている。一般に、香料や調味料に使う肉桂のような、ややくすんだ明るい茶色のこと。英名シナモン(cinnamon)の訳語。肉桂は東南アジア原産で江戸時代には日本に入っていたが、色名として使われるようになったのは近代。菓子のニッキの原料でもある。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にっけい‐いろ〔ニクケイ‐〕【肉×桂色】

肉桂の樹皮を乾燥させた漢方薬桂皮の色。くすんだ黄赤。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にっけいいろ【肉桂色】

ニッケイの類の樹皮や根皮のような、くすんだ黄赤色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

肉桂色の関連キーワード環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肉桂色の関連情報