コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉桂色 にっけいいろ

色名がわかる辞典の解説

にっけいいろ【肉桂色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ黄赤」としている。一般に、香料や調味料に使う肉桂のような、ややくすんだ明るい茶色のこと。英名シナモン(cinnamon)の訳語。肉桂は東南アジア原産で江戸時代には日本に入っていたが、色名として使われるようになったのは近代。菓子のニッキの原料でもある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

にっけいいろ【肉桂色】

ニッケイの類の樹皮や根皮のような、くすんだ黄赤色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android