コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉穂花 にくすいかspadix

翻訳|spadix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肉穂花
にくすいか
spadix

肉穂花序をもった花。テンナンショウミズバショウなどサトイモ科の花序は,全体で一個の花とまちがえやすいが,これは穂状花序の軸が多肉になった上に花が密集したものである。特徴的な大きな仏炎包は,包葉の変形である。肉穂花序はサトイモ科のほかにガマ科,ヤシ科アマモ科などにもみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

肉穂花の関連キーワードウラシマソウ(浦島草)ザゼンソウ(座禅草)セキショウ(石菖)コンニャク(蒟蒻)サトイモ(里芋)フィロデンドロンカラスビシャクキルトスペルマシュロ(棕櫚)ボタンウキクサザミオクルカスオオボタンヤシヤエヤマヤシムサシアブミツチトリモチウラシマソウパイナップルホマロメナヒメカイウパナマソウ