コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏炎包 ぶつえんほう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏炎包
ぶつえんほう

肉穂花序を包む大形の包(包葉)。本来、包は1個の花に対するものであるため、1個の花序に対する仏炎包は総包に相当する。仏炎包はサトイモ科にみられ、ミズバショウでは白く、カラジウム(ニシキイモ)では紅色などを呈して美しい。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仏炎包の関連キーワードボタンウキクサ(牡丹浮草)ヒメザゼンソウ(姫坐禅草)ホウライショウ(蓬莱蕉)ムサシアブミ(武蔵鐙)ヒトツバテンナンショウマイヅルテンナンショウミズバショウ(水芭蕉)ウラシマソウ(浦島草)ザゼンソウ(坐禅草)ムロウテンナンショウアマミテンナンショウヒロハテンナンショウミツバテンナンショウマムシグサ(蝮草)リュウキュウハンゲアオテンナンショウシマテンナンショウコンニャク(蒟蒻)スパティフィラムサトイモ(里芋)

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android