コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏炎包 ぶつえんほう

2件 の用語解説(仏炎包の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

仏炎包【ぶつえんほう】

肉穂花序を包む大きな包葉ミズバショウマムシグサモンステラなどサトイモ科のものに多い。仏像の光背の炎形に似るためこの名がある。
→関連項目スパティフィルム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏炎包
ぶつえんほう

肉穂花序を包む大形の包(包葉)。本来、包は1個の花に対するものであるため、1個の花序に対する仏炎包は総包に相当する。仏炎包はサトイモ科にみられ、ミズバショウでは白く、カラジウムニシキイモ)では紅色などを呈して美しい。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仏炎包の関連キーワード杯状花序包葉無限花序里芋水柱総穂花序肉穂花序仏炎苞真綿に針を包む水芭蕉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone