コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏炎包 ぶつえんほう

百科事典マイペディアの解説

仏炎包【ぶつえんほう】

肉穂花序を包む大きな包葉ミズバショウマムシグサ,モンステラなどサトイモ科のものに多い。仏像の光背の炎形に似るためこの名がある。
→関連項目スパティフィルム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏炎包
ぶつえんほう

肉穂花序を包む大形の包(包葉)。本来、包は1個の花に対するものであるため、1個の花序に対する仏炎包は総包に相当する。仏炎包はサトイモ科にみられ、ミズバショウでは白く、カラジウム(ニシキイモ)では紅色などを呈して美しい。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仏炎包の関連キーワードボタンウキクサ(牡丹浮草)ヒメザゼンソウ(姫坐禅草)ホウライショウ(蓬莱蕉)ヒトツバテンナンショウマイヅルテンナンショウウラシマソウ(浦島草)ミズバショウ(水芭蕉)ムサシアブミ(武蔵鐙)ムロウテンナンショウザゼンソウ(坐禅草)ミツバテンナンショウアマミテンナンショウヒロハテンナンショウリュウキュウハンゲマムシグサ(蝮草)シマテンナンショウアオテンナンショウコンニャク(蒟蒻)サトイモ(里芋)フィロデンドロン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android