コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏炎包 ぶつえんほう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏炎包
ぶつえんほう

肉穂花序を包む大形の包(包葉)。本来、包は1個の花に対するものであるため、1個の花序に対する仏炎包は総包に相当する。仏炎包はサトイモ科にみられ、ミズバショウでは白く、カラジウムニシキイモ)では紅色などを呈して美しい。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例