コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝がんのいろいろ かんがんのいろいろ

1件 の用語解説(肝がんのいろいろの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かんがんのいろいろ【肝がんのいろいろ】

 肝がん(肝臓がん)は、肝臓に発生したがんの総称で、原発性肝(げんぱつせいかん)がんと転移性肝(てんいせいかん)がんとに大別することができます。
 原発性肝がんは、肝臓から発生したものをいい、その90%以上は、肝細胞(かんさいぼう)がん(「肝細胞がん」)です。
 残りの10%のうちの5%は、肝内胆管(かんないたんかん)(肝臓内に存在する胆汁(たんじゅう)を輸送する管)の細胞から発生する胆管細胞がん(「胆管細胞がん(肝内胆管がん)」)です。
 残りの5%は、肝細胞がんと胆管細胞がんの混合型、肝肉腫(かんにくしゅ)、肝芽腫(かんがしゅ)、嚢胞腺(のうほうせん)がんとなっています。
 転移性肝がん(「転移性肝がん」)は、肝臓以外の臓器・組織から転移してきたものをいいます。
 この転移性肝がんの頻度が高く、肝がん全体の4分の3は転移性肝がんです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

肝がんのいろいろの関連キーワード肝硬変肝臓癌肝臓茸肝臓がん肝臓発がん物質サイカシン食道がん膵臓がん直腸がん肝臓癌 (cancer of the liver; liver cancer.)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone