コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝脳地に塗る カンノウチニマミル

デジタル大辞泉の解説

肝脳(かんのう)地に塗(まみ)る

《「史記」劉敬伝から》顔や腹が断ち割られ、脳や肝が泥まみれになる。非常にむごたらしい死に方をすることのたとえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんのうちにまみる【肝脳地に塗る】

〔史記 劉敬伝
肝臓や脳が泥にまみれる意で、むごたらしく殺されること。また、絶体絶命の窮地に陥ったたとえ。肝胆地に塗る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

肝脳地に塗るの関連キーワード肝脳肝臓窮地

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android