脳髄(読み)のうずい

精選版 日本国語大辞典「脳髄」の解説

のう‐ずい ナウ‥【脳髄】

〘名〙 =のう(脳)
※解体新書(1774)二「夫者。其形稍円而軟。盈在頭蓋之内
※志都の岩屋講本(1811)下「この脳髄と云ふは、どんな物ぢゃと云ふに、〈略〉俗に脳みそと云ふものが夫れでござる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「脳髄」の解説

【脳髄】のう(なう)ずい

大脳小脳延髄を合わせていう。〔説苑、弁物〕(鵲(へんじやく))曰く、(われ)聞く、中古の(い)を爲すを、兪柎(ゆふ)と曰ふ。兪柎のを爲すや、腦髓を搦(と)り、(かうまく)を束ね、九竅(けう)を炊(すいしやく)して、經絡を定め、死人復(かへ)りて生人と爲ると。

字通「脳」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android