股野玉川(読み)またの ぎょくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

股野玉川 またの-ぎょくせん

1730-1806 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)15年2月19日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)藩士伊藤東涯の門で古学を,40歳をすぎて玉田黙翁に程朱学をまなぶ。江戸藩邸で世子脇坂安董(やすただ)の侍読をつとめた。文化3年7月2日死去。77歳。名は充美。字(あざな)は才介。別号楽翁。姓は俣野ともかく。著作に「選詩類材」「藩士譜」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android