コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥厚性幽門狭窄 ひこうせいゆうもんきょうさくcongenital hypertrophic pyloric stenosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥厚性幽門狭窄
ひこうせいゆうもんきょうさく
congenital hypertrophic pyloric stenosis

幽門括約筋が先天的に肥厚して幽門の狭窄を起し,通過障害を起したもの。この状態は出生時よりすでに存在するが,症状は2~5週後頃に現れる。7対1の割合で男児に多い。症状は特徴的で,授乳すると必ず嘔吐し,しかも噴水のように大量に嘔吐するので,脱水状態となる。治療は,輸液などによって全身状態を改善してから,肥厚した幽門筋を切開する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

肥厚性幽門狭窄の関連キーワード先天性幽門狭窄症赤ちゃんの世話胃の形態異常幽門括約筋幽門狭窄症幽門狭窄小児外科幽門

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android