コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肩す カタス

デジタル大辞泉の解説

かた・す【肩す】

[動サ変]駕籠(かご)かきが、駕籠の棒を息杖(いきづえ)で支えて肩を休める。
「先へ急ぐは駕籠の足、せめて―・して止めもせず」〈浄・寿の門松

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたす【肩す】

( 動サ変 )
駕籠かごかきが、担ぐ棒を息杖いきづえに乗せて肩を休める。 「先へ急ぐは駕籠の足、せめて-・して止めもせず/浄瑠璃・寿の門松」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

肩すの関連キーワードベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第24番 嬰ヘ長調「テレーゼ」/piano soloオイケン(Walter Eucken)サンチアゴ・デ・コンポステラセント・エライアス[山脈]トリスタン・レルミットアダン・ド・ラ・アルビュシー=ラビュタン竹本源大夫(9世)市川団蔵(七代目)歌川国直(初代)ジョン コリアーアンドロマック環境ガバナンス玄海国定公園ババブーティボロシーロフスホイ戦闘機ジュラルミンアルゲダス藤井小三郎

肩すの関連情報