コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺囊胞症 はいのうほうしょう cystic lung disease

1件 の用語解説(肺囊胞症の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はいのうほうしょう【肺囊胞症 cystic lung disease】

囊胞性肺疾患ともいい,単一の疾患ではなく,炎症や腫瘍などによる直接的な肺組織の破壊によらずに,肺内に異常空間の生じる一連の疾患群をいう。この点で肺内に生じた病変が壊死に陥り,それが排出されて生じる空洞cavityとは異なる。囊胞の壁が何によっているかで肺胞性と気管支性に分けられる。肺胞性囊胞は,肺胞壁の破壊によって隣接する肺胞が癒合し囊胞を形成し,内壁は肺胞上皮細胞で囲まれている。これには肺の内部にできるブラbulla,胸膜直下にできるブレブblleb,進行性巨大気胞性囊胞progressive giant bullaおよび巨大空胞pneumatoceleがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

肺囊胞症の関連キーワード疾病冠動脈心疾患基礎疾患特発性間質性肺炎内因死化膿性疾患循環器疾患心疾患腎疾患慢性閉塞性肺疾患(COPD)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone